お久しぶりです。そして、楽しい年末年始を!

お久しぶりです。

実は、最後の記事をエントリーした直後、母が交通事故にあいました。大学病院の救急に運ばれた時点では、交通事故のなかでは一番最悪なステージでした。いわゆる、重篤な状態です。下半身にもろにぶつかり、十数メートルふっとばされたとのこと。最初、電話があった時は「意識はしっかりしています。」と言われたのですが、夫に話したところ「そんなのあてにならない。事故にあった人は無意識でしゃべる。」と言われ、実際その通りでした。

大学病院の救急にタクシーで乗りつけたとき、職場が近かった夫は私より先に着いていたのですが、「身内である。」という証明ができないため、外の椅子に座って待っていました。私が到着して、先生からすぐにお話がありました。意識は全くないこと、下半身の出血が止まらないこと、大腿骨が粉砕されていること、骨盤も前後とも折れていること。特に、ぶつかられた左側は折れた骨が飛び出しており、ひどい状態であること。家族の血液型はもちろんきかれました。しかし、緊急を要するので、出血がもしおさまればすぐ手術をすると説明されました。お話が終わり、ようやく会わせてもらったのですが、ひたすら輸血と、とにかく動かないように、下半身は直径5cmほどのパイプを、何本も皮膚の上から突き刺し、ネジで固定してありました。その状態を見た時、夫は正直「もう駄目かも。」と思ったそうです。

その後は、とにかくひたすら先生方の説明を受け、ひたすら書類にサインしました…何枚も何枚も。 病院側も自分たちを守らなくてはいけない、というのはよくわかります。でも実際、私ができることは何もないのです。なので、私はサインをしながら「先生が方に全てお任せします。よろしくお願いします。」としか言いませんでした。

手術は次の日から始まりました。6時間ほどの手術が、連続して何度もありました。大体のスタート時間は決まっているのですが、前もって来て、術中は待っていなくていけないので、拘束時間はかなりありました。そして、もっとも心苦しかったのは、手術の時間が早まること。予定していた方が亡くなったということです。待合室に行く途中、何度も葬儀屋さんを見ました。ただ私は、不思議と絶対に大丈夫だと思っていました。絶対に助かると。涙も全く出なかったし、辛いとも思いませんでした。

その後、大きな手術を何度も耐え、母は生還しました。最後に車いすに乗って転院する際、看護師の方々が皆さん泣きながら見送ってくださいました。「自分の足で歩いて、会いに来てほしい。」と。先生方も「正直、助かったのが信じられない。」とおっしゃいました。転移した病院では、苦しいリハビリをがんばり、今では自力で歩けます。走ったり、スキップしたりはもうできませんけど、生活をするぶんには、支障ありません。

「どうして母は助かったのか…。」と最近よく考えます。さまざまな幸運が重なった結果としか思えません。まずは高速道路の工事が終わっていたこと。事故にあった場所から大学病院までノンストップで高速を走ることができたので、短時間で運ぶことができました。救急隊員の方の処置や判断もすばらしかったと思います。そして、大学病院の救急で働いておられる先生方の判断と技術。なんと言うか、医者は体力勝負だな、本当にタフだと思いました。さらには、母自身の強さ。大きな交通事故だったにもかかわらず、脊髄や内臓が無事だったこと。実は、本当に偶然ですが、母が運ばれた大学病院は、親戚が医師として勤務している病院でした。脳のレントゲンを何度も確認してくれたのですが、全く問題なかったそうです。

そして最後に、父が本当によくできた夫であること。掃除洗濯はもちろん、自分で買い物に行き、毎日自炊していました。家計簿をつけ、看病日誌を書き、毎日毎日母につきそい、母の友だちに状態を連絡していました。私は、父の世話は全くしていません。これが働く娘にとってどんなにありがたいことか…感謝しかありません。

先日、母は2度目の入院をしました。体の中にいれていた、プレートやボルトをとる手術です。取り出されたものは、本人に渡されるのですが、「よくこんなに入っていたな〜。」と驚く量でした。実は事故にあったとき結婚40周年で、地中海クルーズに行く予定でした。それもいつか実現できるように、手助けしていきたいと思います。

バタバタしている間に、グーグルリーダーが終了し(笑)、パソコンも壊れてしまいました。ようやく新しいパソコンを手に入れ、”お気に入り”に登録していた方々のブログを探しはじめました。しかも、自分のブログのパスワード忘れてしまって焦りました。今年最初で最後のエントリーが、ご無沙汰を詫びるものとなってしまいました…。皆さんお元気ですか? 私はとっても元気です。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by privatecafe | 2013-12-21 20:35 | OTHERS...