<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

秘密のツリー 2

a0007078_12273966.jpg
「こっちこっち。」とTさんが連れて行ったのは、廊下沿いに二つ隣の部屋だった。彼は鍵のかかっていないドアを開けてするっと入って行く。「電気は?」私は入り口で少しためらってきいた。
Tさんは、「駄目。」と短く答えただけで、ずんずんと進み、その部屋に一つだけしかない、窓のところまで行った。そして、ゆっくりとこっちを振り返った。窓にはブラインドが下げてあって、廊下の蛍光灯と外のわずかな灯だけでは、窓を背にした彼の表情は見えない。
「ドア閉めて。ほら、もっと近くに、来て。」彼が手招きをする。私はドアを閉めて中に入り、横に立った。
「見てて。」彼は静かに紐を引き、ブラインドを上げていく。小さな部屋には、意外に音がひびく。カタカタと鳴りながら、ゆっくりとのぼっていくブラインドが、完全に巻き上げられた時。私は息を飲んだ。
1m四方の窓の中央に、クリスマスツリーが、浮かび上がっていた。漆黒の闇に、キラキラと瞬くそれは、福岡タワーの側面に浮かぶ、イルミネーションだった。高層ビルやマンションが立ち並ぶ地域なのに、その窓から見る角度だけ、奇跡的に遮る物がないのだった。モーゼの十戒のように、輝くツリーにむかって、すーっと道が開けていた。

「すごい。」それは本当に綺麗だった。「特等席でしょ?」彼は隣でささやくように言った。「このデパートの人間でも、この窓のこと知ってる人間は少ないよ。」「そうでしょうね。」私は周りを見る。どう見たって、倉庫。置かれているものは在庫などではなく、ほとんどが使われていない什器で、物置のようだ。
しばらく、二人で静かに、その輝きをみていた。最初に言葉を発したのは、私の方だ。「それで。」私はきいた。「これを見せたのは、私で何人目ですか?」

Tさんはビクっとして、眼鏡をあげながら「二人・・・目。」と答えた。正直なヤツ。私は「へ〜。」と言った後、続けた「つまり、奥さんに、あ、当時は彼女ですけど、これを見せて・・・。」私が目で促すと、彼は言った。「プロポーズしました。」
私がふふっと笑うと、Tさんは「は〜」とため息をついた後、少し赤くなった顔をうつむかせて、「かなわないね。」と言った。
「結局、のろけですね。」私はマフラーを巻き直しながら言った。「でも、光栄ですよ。二人目でも。」素直にそう思った。

あのイブの日から、もう何年も過ぎた。私がアルバイトしていたデパートは閉店してしまい、ビルはそのまま、別の商業施設になっている。
いろいろな人と、沢山のクリスマスイルミネーションを見たけれど、私のなかで、最も思い出深いのは、あの日見た、ビルの間のツリーだ。
一緒に見たのは、残念ながら既婚者だったが。
[PR]

by privatecafe | 2007-12-18 12:38 | OTHERS...

秘密のツリー 1

a0007078_126181.jpg
大学生の今時期、私はデパートでお歳暮のアルバイトをしていた。
最初は接客の方で雇われていたのだけど、途中から、データ処理の裏方にまわされた。
(自分の名誉の為に言いますが、接客態度がまずくて、裏にまわされたのではありませんよ!!)

毎日小さな部屋で、責任者のSさんと二人のパートさん、そして私は、黙々とデータのチェックをした・・・と書くと暗い感じがするけど、意外にそうでもない。出入りする社員さんたちは皆優しいし、表の接客をしている子たちとも仲良くなって、結構楽しくやっていた。12月も中旬になると、本当に忙しくなって、家庭のあるパートさんたちのかわりに、学生の私はほぼ毎日シフトに入った。Sさんが席を外すことも多くなり、一人で作業する時間がふえたのも、その頃だ。

その時期、Tさんという男性社員が、私たちが作業している部屋によく来るようになった。
このTさん、すんごい美声の持ち主だった。細いフレームの眼鏡が理知的な感じで、パッと見は冷たい感じがするのだけど、声は低くソフトで、甘い。
で、その美声は、電話によるクレーム処理係、という、これ以上無いような適所でいかされていた。
私たちが作業している部屋が、静かなのに目を付けた彼は、ちょくちょく、電話を使いにきていたのだ。

ある日、彼が受話器を置いた後、「ね、従業員で入口でいつも待ってるヤツ、彼氏?」と、私にきいてきた。普段は挨拶をする程度で、特に話した事はなかったけど、その時、部屋には二人だけだった気安さもあって、話しかけてきたのだろう。
私は、「ええ、まあ。」と書類をめくりながら、答えた。Tさんは「ふーん。」と伸びをしながら「彼、歳下だよね?」と続けた。「はい。」と答える私に彼は近づいてきて、隣に座った。「俺のね、奥さんも、年上なんだよ。」「へ〜。」「このデパートで、結婚前は働いてたんだよ。でね、彼の、君を待ってる姿見たとき、なんか、昔の自分を思い出したね。」「ははは・・・、のろけですか?」私の突っ込みにちょっと照れた彼はすぐに立ち上がって、ポケットをごそごそと探り出した。そして「これ。」と言って、チョコレートをくれ「がんばって。」といいながら部屋を出て行った。

チョコレートを持ったまま、私はさっきのTさんの電話のことを思った。
「申し訳ありません。」と言いながら、見えないはずの相手に頭を下げる。誰かのかわりに頭を下げる。大きい組織で働くということは、そういうことでもあるのだ。
それ以来、彼とはよく話すようになった。休憩所でも、お茶をおごってくれたり、何かと気にかけてくれた。

クリスマスイブの夜、当然ながら私はバイトだった。恋人もサービス業のバイトで、会えないことは分かっていたので、シフトに入れてもらった。
その日も忙しく、パートさんたちに「予約しておいたケーキをデパ地下に受け取りに行って、そのまま帰ります。お先に〜。」と言われた時には、窓の外は暗くなっていた。
Sさんに「帰って良いよ。」と言われて、一人ごそごそと用意していたら、Tさんが「お、今帰り?」と部屋に入ってきた。マフラーを巻きながら「はい。」と答えると、彼は私が作業していた机の上の上に目をやって「これ、すごいね。」と笑った。
机の上には、コーヒーやお菓子が大量にのっている。社員さんたちの差し入れだ。「お茶はのんだんですけど、コーヒー、飲めないんですよ。あ、よかったら持って帰ってください。もらいものですけど。」私はそばにあった袋に缶やお菓子をつめて、彼に渡した。彼は大の甘党なのだ。
彼は「ありがとう。」と受け取ると、「ね、この後少し、時間ある?」と続けた。「ええ、まあ。」と答える私に、彼はニコっと笑って言った。「じゃあさ、良いもの見せてあげる。お礼に。」
[PR]

by privatecafe | 2007-12-18 12:22 | OTHERS...