<   2005年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

生きてます

御心配いただいた皆様、私と夫、そしてマサオは無事です。

3月20日、地震が起こった時、マンションにいました。
突然、「ゴゴゴゴゴ・・・。」という地響きが近付いてきた後、「ガーン!ガラガラガラガラ。」と揺れがきて、立っていることができず、伏せました。
私と夫は、パソコンを置いている部屋にいたので、一緒に伏せましたが、マサオはベランダの窓際にいて、しかもその窓が振動で開いた為、外に飛び出してしまいました。
振動がおさまってすぐ、パニックで走り回るマサオをキャリーバッグに詰め込み、貴重品などを持って、家電や、割れた食器が散乱する中を逃げました。
住んでいる場所は、震度が大きかった上に、マンションの9階だったため、かなり揺れたようです。廊下に出ると、かたむいた給湯器から一斉にお湯が流れていて、廊下は水浸し。子どもの泣き声が響き、別の部屋のドアからは煙りがあがっていました。
階段を駆けおりて駐車場まで逃げ、すぐにガソリンスタンドにむかい、ガソリンを入れました。それから、私の実家に避難しました。

私の実家は、すぐ近くなのですが、幸いにも食器がちょっぴり割れただけでした。実家の犬も、私達がかけつけた時には、寝てました(笑)

昨日、部屋を片づけにるためにマンションに戻りました。
ふと、壁の時計を見ると、針が10時53分で止まっているじゃないですか。
それを見た瞬間、揺れの中で、冷蔵庫の中身や電子レンジ、食器が振ってきた場面を思い出し、うるっとしました。
現在、電気は復旧しましたが、家電や食器がほぼ全滅、断水中で余震もあるので、マンションには戻らず実家で生活しています。

逃げる際、ガラスで足を切りましたが、大きなケガはありません。
避難所で、不便な生活を強いられている方々に比べれば、食事ができ、お風呂もあり、布団で寝ることもできます。
マサオも、専用の段ボールをもらって、落ち着いています。
連絡がついた人は、皆無事だったのですが、私のブログにきてくださる福岡在住の方々、どうされているか心配です。

ま、びっくりしたけど・・・、私は意外に元気です。
ちなみに、私が最初に持って逃げたものは、普段から「避難時持ち出しバッグ」にまとめている通帳や重要な書類、仕事のMOだったのですが、あとからブルゾンのポケットを探ってみると、アイブローペンシルと香水がでてきましたよ(笑)
いつか、このことを皆で笑って話せるように、早く日常を取り戻したいです。生きていれば、いろんなことがありますね。

次は、いつ投稿できるかわかりません。
見に来てくださった方、ゴメンナサイ!
[PR]

by privatecafe | 2005-03-22 12:15 | 地震

ビヨ〜ン

a0007078_926577.jpgヨガを始めた。と言っても、DVDを買っただけですけど。
「ウォーキングができない日に、自宅でやれるワークアウトを。」って感じで、気軽にはじめたヨガ。実際やってみると、普段使わない部位が伸びるので、これが結構、痛キモチイイ。このDVDは、手の上げ下げから、どこに意識を集中するかまで、全てに説明が入る。TV画面をおうことに気をとられなくて済むので、かなり集中して動ける。
そうそう、ヨガってウェアがステキなんだよね〜。海外の通販カタログにはヨガウェア専用のページもあって、見ていてると、かなりやる気がでマス。
[PR]

by privatecafe | 2005-03-18 09:29 | OTHERS...

AMITIÉ

a0007078_10273593.jpg夫の父上から、バレンタインデーのお返しをいただいた。
私の大好きなお店、『MARINA DE BOURBON』のBOOK CAN。紅茶缶が、洋書のようなデザインになっていて、すっごくカワイイ。
このお店の商品には、それぞれ「人魚」「音楽」「木陰」などの名前がついている。私がいただいたのは、「AMITIÉ(友情)」というミックスフレバーティー。ピーチの甘さに爽やかな柑橘系の香りがついているもの。
今日の午後、早速飲んでみよう!
[PR]

by privatecafe | 2005-03-16 10:30 | FOOD

ホワイトデーの赤

a0007078_924635.jpgホワイトデーですね、今日は。バレンタインデーにプレゼントをもらった皆さん、お返し、悩んだことでしょう・・・。ウチの夫も、ここ一週間、唸ってましたよ。
「昨年と一緒(ミニスパークリングワイン)で、良いのでは?」という私の意見は即却下され、結局、「苺を、一人一パック。」になったみたい。
今日渡す人は四名なので、四パック、箱ごと持って行った。
喜んでもらえるといいね、夫。
[PR]

by privatecafe | 2005-03-14 09:19 | FOOD

手というものは

a0007078_1431407.jpg
男の手、を意識し始めたのは、小学校の頃だったと思う。
父の趣味である将棋の番組を、一緒に見ていたのが、大きなきっかけだ。

週末が休みの父と、土曜日は学校が午前中だけの私は、よく一緒にお昼ご飯を食べていた。
ちょうどその時間帯に、TVで放送されていた対局は、ビリビリするような緊張感があった。そして、棋士がさす一手がアップになる瞬間、その指の綺麗さに、毎回ドキドキした。
「パチリ。」と、将棋盤と指の間から音がでる瞬間、筋にまで緊張感があって、まさに勝負師の手。考える間、顎に指を添える姿や、扇子を持つしぐさにも、大人の色気を感じた。
いや〜、今考えるとマセてましたね。タハハ。

だから、気になる男はまず最初に手を見る。もちろん、手だけでは無いけど、大事な要素。
私を無条件で守ってくれた父の手からはじまって、夫にいたるまで。私をキュ〜ンとさせた手の持ち主に、はずれ(失礼!)はいなかったと思う。

さて、最近私が目をつけている、夫以外の「良い手」は、ギター侍こと、波田陽区の手。昨年末くらいから、私のなかでは(笑)、ダントツの一位。
もともと、お肌が綺麗なのかもしれないが、無駄なぜい肉がついておらず、しなやかで、スッと長い。太すぎず、細すぎず、バランスの良い健康的な手。新陳代謝が良さそうな(?)、働く人間の手。ギターをつま弾く時の、指の動きもいいデス。

TVに彼が出ていると、ついつい、手ばかりを見てしまう。
「指だけじゃなく、ネタも見て!」ってファンの方に突っ込まれそうですね・・・、スミマセン。
[PR]

by privatecafe | 2005-03-11 14:34 | OTHERS...

一歩、出てみた

a0007078_13232476.jpg暖かいと思ったら、福岡の今日の最高気温は、18℃だそうで・・・。週末の積雪は、何だったのでしょうか?って言うくらい、ポカポカ。
で、久しぶりに、ベランダでランチを食べた。
普段の食卓から、1mくらいしか離れていない、ベランダのテーブル。そこで、空を見上げながら、グビリと水を飲む。
一歩、出ただけなのにね・・・。そこは、全く違う空間だ。
[PR]

by privatecafe | 2005-03-09 13:31 | OTHERS...

ヌリヌリ

a0007078_1432387.jpg鏡の枠を、白く塗り替えた。ひさしぶりにペンキを買ったのだけど、店頭でちょっぴり悩んだ。同じ白でも、色んな白があるから。
小学校の6年間、絵画教室に通っていて、油絵も描いた。当時も、絵の具を買いに行った画材屋さんで、赤や青の微妙な色の違いに悩んだな〜。
子供ながら、かなり真剣な目で、絵の具の棚をにらんでいたと思われるが、端から見ると、変だったかも・・・。思い出して、笑ってしまった。
[PR]

by privatecafe | 2005-03-07 15:02 | OTHERS...

猫鶏の仲

a0007078_1705998.jpg近所に住んでいる、とっても愛想が良い猫ちゃん。
飼われているのか、餌だけもらっているのか不明だが、いつも同じ家の前に居る。

a0007078_1713231.jpg「チュッチュッチュ。」と呼ぶと、速攻で近寄って来る。
ひとしきり、私の足にスリスリしたあと、首をこちらに向け座る。首を揉んでほしいらしい。
「カワイイね〜。」と言いながら、モミモミ。マサオに悪いと思いつつ、つかの間、幸せ。
でも・・・、この猫ちゃんのことで、気になることが1つ・・・。

a0007078_1715653.jpg猫ちゃんがいつも座っている家の玄関。
実は、鶏小屋があるんだよね・・・。
この状況、普通に考えると、お互い相当なストレスじゃないだろうか?
そのことが、いつも気になるのだ。

[PR]

by privatecafe | 2005-03-04 17:05 | CAT&DOG

楽しい事に、アンテナピコピコ

a0007078_10361525.jpg
「何かを発信したい!」と、思っていた。ちょうど、1年前。
「30歳から、毎年、新しいことを1個はじめる。」って決めていたのだけど、昨年はそれが、ネットデビュー(笑)だったので・・・。

最初は、HPを作ろうと思った。
でも、夫に相談したところ、「う〜ん。」と唸った後、「いきなりHPをはじめても、人、見に来ないんじゃない?」とバッサリ。
私の世代は、ワープロとパソコン、どちらにも微妙にかかっている世代なのかな?友人たちはきっちり、パソコンを毎日使う人と、パソコンを持ってすらいない人の、2種類にわかれる。
だから、友人たちに「作ったから、見て。」って宣伝しても、訪問者はしれている。ましてや、ネットという大海に、ポ〜ンと、特徴の無いHPを放り込んでも、偶然拾ってくれる人は、少ない。

「そうだよね・・・。」とシュンとしていたら、夫が「これだったら、いいんじゃない?」と、あるサイトを教えてくれた。そう、それが、エキサイトブログ。
「文章も写真も、簡単に投稿できないと、自分が続けられない。」「まめに更新しないと、だんだん、人が来なくなる。」「ま、無料だし、試しにやってみ。」と夫。
その時は、嬉しくって、舞い上がった私だけど、その後、夫にビシビシ鍛えられた。

だって、それまでデジカメを使った事がなかったの・・・。ブログをするようになってはじめて、触ったのだ。操作から、写真の加工、それをアップするまで・・・、鬼のような夫のしごきに(←嘘)、ちょっぴり、泣いた事もある(←これは、本当!)
ただし夫は、文章に口をはさむことはなかった。誤字や、わかりにくい表現は指摘するけど、だいたいは、褒めてくれた。

2004年3月2日のスタート以来、「見てくれる人、いるのかな?」ってドキドキしたけど、だんだんとレポートが増えていった。「中傷や、変なコメントが入ったりするかもしれないけど、ま、気にすんな。」と夫に言われていたので、それもドキドキしていたけど、そ〜んなこともなく、今日で1年。

2年目も、大人の胸キュン(死語)を探して、ウロウロするつもり。
皆様、宜しくお願い致しマス。
[PR]

by privatecafe | 2005-03-02 10:38 | OTHERS...