カテゴリ:TRAVEL( 47 )

パース時間-パース②-

a0007078_11232683.jpgパースに到着した日、私と夫は一つ失敗をした。
昼頃にコンドミニアムにチェックインした時は、街はにぎやかで、人があふれていた。が、しか〜し!!、夕方、荷物を整理し、いざ買い出しに行こうと出てみると・・・、ん?人が、いない??
駅前のデパートやモール等がある一番の繁華街はシャッターが降り、シーンとしてる。捨てられたチラシがヒューっと風に舞う。まさにゴーストタウン。

a0007078_11235091.jpgブランドショップがある通りも、この有様。かなりびっくり。そして、思い出す。
あ、ガイド本に書いてあったような・・・。パースはほとんどのお店が、平日は17時で閉まる。日曜日にいたっては、デパートですら12時にやっと開いて、しかも18時には閉まるって・・・(開ける意味あるのかい?) それに今は、サマータイムだよ!
それにしても、徹底してるね。タハハ。
日本だったら、この時こそチャンスとばかりに、開けそうだよ。今の正月三が日のようにね。

a0007078_11244276.jpg
そう言えば、部屋の窓から外を見たとき、沢山の人が、すんごい勢いで駅に向かっていた。あの時鳴っていたのは、17時をしらせる鐘だったのかも。仕事もそれくらいに終わって、家族の待つ家に、大急ぎで帰るのね。
でも・・・、朝の出社もゆったりしてる、ような(笑)
私たちがカフェでブランチを食べている横には、サラリーマン(ジャケットなんか誰も着ていない)が、うじゃうじゃ。ニコニコと談笑したり、大量のコーヒー(おそらく、オフィスの仲間に持って行く)を注文したり、クロスワードパズルをといたり。誰も急いでないし、全てがのんびり。
夫は、「パースの経済が、どうしてこれでまわるのか、不思議だ。」と、良い意味で感心していたし、私も、なぜパースが「世界一住みたい街」と称されるのか、少しわかった気がした。

a0007078_11252558.jpgそうそう、実は、中規模のスーパーマーケットが開いていたみたいだけど(後日気がついた、それでも19時くらいまでしか開いていない)、周辺のお店が閉まっていたため、見過ごしてしまった。
結局初日は、さんざん歩いたあげく、ようやくみつけたイタリアンレストランに入った。すっごく美味しかったし、カクテルを飲んだとき、大袈裟だけど、ほっとした(笑)

[PR]

by privatecafe | 2007-03-27 11:29 | TRAVEL

甘い夜風-パース①-

a0007078_19225072.jpg今回、パースで宿泊したのは、Medina Executive Barrack Plaza
コンドミニアムを利用したのは、オーストラリアの食事(味?)に不安を感じていたのと、たまには自分たちで、現地の食材を使って料理してみるのもいいかな?、と思ったから。
ま、前述の不安の方は、初日に吹っ飛ぶことになるのだけど・・・(つまりは美味しかった!!)、コンドミニアム暮らしも新鮮だった。

a0007078_19232143.jpg置いてある家具も、壁に掛けられた絵も、赤・白・黒がメインカラーみたい。全体的にモダンな感じ。
洗濯機、乾燥機、キッチン用具のほとんどはそろっていたし、シャンパングラスの他、ワイングラスが数種類そろえてあったのには、ちょっと感動。

a0007078_1924228.jpgベランダにはテーブルが置いてあって、作った夕食はほとんどここで食べた。
ちなみに、見下ろした右手にバックパッカーの宿があって、そこに宿泊している子たちと何度か目があった(笑)
渡り廊下で洗濯干したり、異文化交流してたから。

a0007078_19245115.jpgベッドルームの窓から、BANK WESTのビルが見えた。
これは昼の風景。

a0007078_19251730.jpgこちらは、夜景。
窓を開け、ベッドに腰掛け、部屋を真っ暗にしてながめると、綺麗でうっとり。
やわらかな夜風に吹かれながら、いつまでも見ていたい、光の瞬きだった。

[PR]

by privatecafe | 2007-03-14 19:26 | TRAVEL

気持ちが、社会復帰できてません!

a0007078_21265612.jpg無事、帰国してマス。帰国するなり仕事に追われ(当然だよ!)、やっときた週末、という感じ。は〜、パース、最高でしたよ!
出国する時は、お兄さんが妹を切断してしまったニュースで話題騒然でした。が、帰国してみると、その話題はぶっ飛び、代わりにペコちゃんが消え、納豆が消え、奥さんが夫を切断してましたよ。アイタタタタ。

皆様、風邪等ひかないようにしてくださいね、ウチの夫は・・・帰国早々、ひきました(笑)日本は寒い!
[PR]

by privatecafe | 2007-01-19 21:25 | TRAVEL

秋の陶磁器まつり 2

a0007078_1512655.jpg秋の有田陶磁器祭りに行くと、必ず寄るのが、しし鍋を食べさせてくれるところ。通りから少し離れた山手にあるので、とっても静か。
全く臭みがなく、しっとりしたお肉と、たっぷりの野菜で、ホカホカ。これ、器込みの値段で、一杯200円!!
食べ終わったら、すぐに洗ってくれて、袋に入れてくれる。器のデザインは毎年違うので「この器は、3年前のだね。」なんて話すのも、楽しいかも?

a0007078_152971.jpg持ち帰って、トマトのドレッシングあえを盛ってみた。
エスニックや和食、洋食もいけそう。

a0007078_1523632.jpg夫が今回購入したのは、究極のラーメン鉢。
昨年、かなり悩んでたけど、結局買わなかった。でも今年は思い切って決めたみたい。この鉢が完成するまでの熱いストーリーを、ネットで見たからか?(笑)
確かに、レンゲが縁にひっかかるというのは、食べやすい。ちなみに、このラーメン鉢だけは、値引きがない。でも、おまけにラーメンと箸置きをくれた。
実際に、ラーメンを作ってみたけど、夫曰く、「すっごく使いやすい!軽い!」とのこと。夫のラーメン生活、充実しそうだ(笑)

[PR]

by privatecafe | 2006-12-06 15:14 | TRAVEL

秋の陶磁器まつり 1

a0007078_13261913.jpg佐賀県の有田陶器市は、毎年4月末〜GWにかけて開催される。器好きにはたまらない催しだけど、なにせ、人が多い!
で、我が家は、秋の有田陶磁器祭りに鞍替え。
人が少ない、ということもあるのだけど、古い町並みと紅葉が、良い感じなのだ。
樹齢1000年で、高さが40mもある泉山弁財天の大公孫樹が色づいた頃が、開催の目安という話も(本当だったら粋ね)。
眩しい程の黄色、自然が作り出す、繊細なグラデーション。これを見に行くだけでも、価値がある、と思う。

a0007078_13273993.jpg散った後も、目を楽しませてくれる。
降り積もった葉は、絨毯のようにフカフカ。

a0007078_13283184.jpg店頭に並べてある器。
小路にフラフラ入り込んで、お店を探すのも、楽しい。お食事どころも、ステキなところが沢山。
変わった建物や古い家の中を見せてくれたり、つきたてのお餅をふるまってくれたり、町の人もとても親切。

a0007078_1329245.jpg今年、よくみかけた焼酎専用の器。
焼酎ブーム、まだまだ続いているのでしょうか?
冷めにくい構造になってるらしい。

a0007078_13295924.jpg橋の名前も、陶磁器製でした!
他にも、表札や保育園の看板も、陶磁器だったり。
ゆったりと歩く事ができて、さまざまな発見がある。
秋の陶磁器まつり、本当にお薦めデス。

[PR]

by privatecafe | 2006-11-28 13:33 | TRAVEL

何時か見た町

a0007078_2152218.jpg豊後高田市にある、昭和の町に行ってみた。
"なっつかし〜、町並み"とは言うものの、昭和49年生まれの私には、懐かしさ半分、レトロすぎてむしろフューチャー、が半分(笑)

a0007078_21532753.jpgランチは、給食をだしているというカフェへ。
小学校でしか、給食を経験していない私。何十年ぶりだろう、ちょっと感激。メニューよりも、器がね、ぐっときた。
隣のテーブルで、小学生くらいの子が食べてたけど、どう感じた?

a0007078_21561517.jpgビクター犬「どこから来たの?」
私「福岡の端っこ。」
ビクター犬「楽しんでる?」
私「うん。楽しんでる。」

a0007078_2158132.jpg手芸用品を扱うお店には、手編みの(?)服と帽子でオシャレしたキューピーが、ワンサカ。
カワイ過ぎる。
帽子好きの私には、た、たまりません!!

a0007078_21593214.jpg寒くて食べる事ができなかった、アイスキャンディー。
アイスに、棒が斜めにはいってるもので、初めて見た。

a0007078_2201935.jpg自分土産は、駄菓子。パッケージは、昔のままのデザインもあり、かわっているものもあり。

で、ガムを買って帰って、気がついた事。

当たりがでて、交換してもらうの、ちょっぴり勇気が必要ですよね?

・・・まだ、食べてません。

[PR]

by privatecafe | 2006-11-24 22:15 | TRAVEL

空港で待つ彼女

a0007078_18244274.jpg新北九州空港へ行ってみた。
お目当ては、真っ黒なバディー!、スターフライヤー・・・だったのだけど、駐車場に車を停めている時、ふと上を見ると・・・、あ〜飛び立ってしまった〜。
遠くから見てもステキだったので、次は間近で見たい。!

a0007078_182515.jpgちなみに、この空港では、メーテルが働いてマス。そうデス、『銀河鉄道999』の。
観光案内所に立っていて、銀河ではなく、ビルの各施設や、名所などを案内してくれマス。
顔も手も動くし、声もちゃ〜んと、メーテルの声でした!
向かい合い目をあわせ、話していると、不思議な感じでしたよ。

[PR]

by privatecafe | 2006-11-06 18:30 | TRAVEL

行った、観た、終わった

a0007078_9374894.jpg
皆様は、大阪について、どのようなイメージをお持ちですか?

「会計お願いします。」って言ったとき、1200円なのに、店員さんに「はい、1200万円ね〜。」って言われたらどうしよう。やっぱり、「安いなあ、ツケといて!。」って言い返すべき?、とか。
くし揚げのソース、二度づけしたら、大阪湾に沈められる?、とか。
一般人も、皆芸人並みに面白いんでしょ?、とか・・・、思ってませんか?

スミマセン、私は思ってました(笑)

なので、最初に"メタルマクベス"というタイトルをきいたとき、「シェイクスピアのマクベスを、メタルで?面白そう!!」と思ったものの、「大阪の劇団か・・・、ノリはどうだ?やっぱ、コテコテ?」という不安が、若干ありました。

で、実際に行ってみた感想は・・・、「大丈夫。大阪の人も劇団も、みんな普通だよ!」デス。(←当たり前)

さて、肝心のメタルマクベスは・・・、これがもう楽しかった。役者さんの歌が動きが、私の耳に目に、グングンと迫ってきて、約4時間の上演時間にもかかわらず、飽きませんでした。
なかでも、強烈だったのが、松たか子さん。舞台の上から発せられる、彼女のパワーには、驚かされた。TVドラマでは、そのオーラ、隠してますよね??とききたいくらいスゴかった。
舞台映えするのはおそらく、主役の内野さんや上条恒彦さんのような、顔が大きくガタイも良い、という体型。でも、細く小さい彼女も、ギラギラに光ってました。

舞台に登場するバンドによるライブが企画される、ということをラストで宣伝していたので、それに行かれる(行った)方は、もう少し余韻に浸ることができますね。
私は、大阪かから買ってきた、たこ焼きセットでも焼きながら、大阪の、そして舞台の余韻に浸ろうと思いマス。
[PR]

by privatecafe | 2006-07-18 09:46 | TRAVEL

ここも、大阪です!!

a0007078_17401490.jpg新世界をかなり歩き回ったにもかかわらず、時間が余ってしまったので、鶴橋へも行ってみた。

a0007078_17403412.jpg駅を出ると、まさに韓国!

a0007078_1741190.jpgアーケードのようなところに、右に左にお店がぎっしり。以前旅行した、釜山を思い出しました。

a0007078_17413674.jpgぐるぐる回ってしまって、出口がわからな〜い。
ふと上を見ると、ヨン様発見。微笑みが、まぶしいデス。

a0007078_1742450.jpgトルハルバン(石じいさん)もいました。済州島のシンボルとして、有名。
それぞれ表情が違っていて、見ていて飽きない。沢山ひしめき合っている姿も、楽しい。
お店の屋根にいたのだけど、守り神として飾ってるのかな?

[PR]

by privatecafe | 2006-07-14 17:45 | TRAVEL

通天閣、お持ち帰り

a0007078_1395100.jpg新世界にある、有名な通天閣。
外観は、結構インパクトがあって、絵になりマス。

a0007078_1392955.jpg通天閣の周りは、かな〜りレトロ。この看板、いつからあるのだろうか・・・。

a0007078_1395219.jpg昔、NHKの連続テレビ小説で、「ふたりっ子」というドラマがあったことを、思い出しました。
ドラマ自体は、ちょこちょことしかみていないのですが、メタルマクベスの主役、内野聖陽さんも、そのドラマに出てましたね。

a0007078_13102368.jpg通天閣の上には、もちろんいきました、ビリケンさん。彼の足の裏をコチョコチョしながらお願いごとをすると、叶うらしいデス。よく見ると、あらら、皆がコチョコチョするので、足の裏がすれてへこんでる!!

a0007078_13105593.jpg通天閣にのぼると、入場券と一緒に、パンフレットがいただけマス。
そのパンフ、実は、通天閣のフィギアペーパークラフト、になるのデス!
ふふふ、もちろん私も作りました。大阪の思い出を噛み締めながら。


[PR]

by privatecafe | 2006-07-12 13:12 | TRAVEL