私の厄年考

a0007078_13452135.jpg
厄晴れのお礼参り、行ってきました。
晴れ、だけに天気も良く、絶好の外出日和。
厄払いの際、もらったヒョウタン(願い事を書いた紙を入れて、厄の間部屋に飾っていた)も持参。
本殿の裏に掛けてきました。
受験シーズンだからか、すんごく人が多かったデス。

a0007078_1345484.jpg
帰りに、梅ヶ枝餅と抹茶をいただきました。参道にあるお店で、太宰府に行ったときは必ず寄りマス。
ステキなお庭を見ながら、のんびり。
特に意識していたわけではないけど、厄の間無事に過ごす事ができて良かったな、と思いマス。


「女の厄年とは何か?」ときかれたら、おそらく私は、こう答えマス。「自分と向き合う時期だ。」と。
特に30歳台前半は、結婚や出産、転職など環境の変化が多種多様。体力的な面でも、今までのようにはいかなかったりしマス。
精神的に落ち込んだり、悩んだりする人も多いでしょう、だからこの時期は、人生の次のステージをより良いものにする為にも、自分を大切にしてほしい、と思うのです。


太宰府天満宮の厄払いについてはコチラ

[PR]

by privatecafe | 2008-01-30 13:58 | OTHERS...