花びら、ヒラリ

a0007078_154332.jpg「最も美しいものは、人がそれを見て、喜びのほかに悲哀や不安を覚えずにいられないものだろう。」
これは、ドイツの文豪、ヘルマン・ヘッセの言葉。
花を見ると、よく、この台詞を思い出す。
花は美しいけれど、必ず、散っていく。それを知っているから、惹かれるのかも。
桜なんか、その典型。満開の花びらを見ていても、心がザワザワ。散っていく姿も、ハラハラ。
窓辺に置いてる薔薇も、もうすぐ花びらが落ちる。寂しいけれど、やっぱり、美しい。
[PR]

by privatecafe | 2004-04-19 15:44 | OTHERS...