サヨナラ(11月11日・前編)

a0007078_17123253.jpg
バリでの最後の朝も、眩しい程の日差しで目が覚めた。
そして、最後の朝食は、コテージからすぐの『マデス・ワルン』へ。ここは観光客のみならず、地元の人にも人気があるようだ。夜は盛況すぎて、テーブルが空くのを待っている人が道路まであふれていたので、断念した。でも、朝は比較的空いていて、静か。私と夫は、一番乗りでテーブルに座った。ここのナシゴレンとミーゴレンは、最高に美味しい。インドネシア料理というよりは、無国籍料理。滞在中、朝はほとんどここで食べた。
食事を済ませ、コテージへ戻る。何度も往復した路地なので、道ぞいのお店の人に顔を覚えられてしまった。最初の頃は、「雑貨買わないか?」って感じだったけど、帰る頃にはあいさつしてくれるようになった。バリの人々は、一見すると、とっつきにくい感じだけど、顔を覚えると、親しくしてくれる。皆、ステキな笑顔。

a0007078_17135032.jpgコテージに着き、シンガポールに移動する為に、荷物を整理しはじめる。「カクテル、とっても美味しかったな〜。」と思いながら、昨晩食事に行った『ハードロックカフェ バリ』のキャップを、かぶってみる。自分土産なのだけど、つばが破けた感じが、なかなかいい。『ハードロック カフェ』はホテルも隣接している。そして、入店時のチェックが、かなり厳しい。空港で金属探知器が反応した時に、個人的にされるチェックのように、道具をかざしてチェックする。やっぱり、アメリカだからね。

a0007078_17144089.jpgレシートをまとめていると、『パパス・カフェ』『ファット・ヨギ』のショップカードが。どちらも、また行きたいお店。『パパス・カフェ』はちょっぴり高級感があって、本格的なイタリアンが大人気。私たちが行った時も、ほぼ満席だった。席は、海を向いているので、夕焼けを見ながらの食事は、最高にロマンチックかも。

a0007078_1715443.jpg『ファット・ヨギ』はこれまた、コテージのすぐそばで、気取っていない雰囲気がいい。生地がカリカリのピザと、何故かベトナム春巻きが、美味しかった。
総じて、どの店も日本人にあう味。ステキなレストランが多いため、毎日、何をたべようか悩んだ。なんて、幸せなんだろう。

a0007078_17153017.jpg
チェックアウトを済ませ、車に荷物を積み込む。空港に迎えにきてくれたおじさんが、また、運転してくれる。おじさんは、私たちを見て、ちょっと寂しそうに笑った。
車が動き出す。沢山歩いた道路や、よく通った両替所が後ろにグングンと消えていくのを見ると、ますます、せつない。
あっという間に、空港に着き、荷物をおろす。「ありがとう、とっても楽しかったです。」と夫。私も「ステキな休日がすごせました。」と手を振った。おじさんは、うなずきながら、クシャクシャと笑って、手をあげてくれた。
まだバリにいるのに、すでに懐かしい。泣きそうになるので、上を見ると、巨大な看板がたっていた。「BALI FOR THE WORLD」その文字を見て、嬉しくなった。ああ、またここに帰ってこよう。ありがとうバリ。今は、しばしのサヨナラ。

[PR]

by privatecafe | 2004-11-24 17:21 | TRAVEL