愛があるほうが、良いと思う

a0007078_15203487.gif
私が住んでいる市では、夕方、防災無線でチャイムがながれマス。
曲は『夕焼け小焼け』なんですけど、今時期は夕方5時、夏は夕方6時に。

先日、夫と話していて、私がこのチャイムの事を「愛の鐘」とよんだところ、ビックリされました。
夫「え、何?」
私「え、愛の鐘でしょ??」
夫「そんなのはじめてきいたよ。privatecafeが育った地域だけじゃな~い?」
私「え~!!じゃあ、なんてよんでた??」
夫「夕方のチャイム。それに今は鳴ってないと思うよ。だいたい愛の鐘って言ったら普通は、岬とかに設置してあって、観光客が鳴らすヤツでしょ。」
私「はーっ? えーっ ガーン。だって、昔からそうよんでたよ。私が小学生の時、「愛の鐘」について作文を書く宿題があって、同級生が賞をもらったし!!」
夫「・・・」

いや~、結構びっくりでした。
でも、こう言ったら何なんですけど・・・、「愛の鐘」のほうが私は好きデス。今みたいに携帯もないし、時計もしてなかったから、夢中で遊んでいると時間なんて気がつかなかった。でもこのメロディーが流れると、「さあ、親が(夕飯が?)待ってるお家に帰ろう。」って気づかせてくれる。「愛の鐘鳴ったから、また明日~。」って感じで、友達は皆バラバラと帰っていった。遊ぶのはとっても楽しいけど、お家も楽しい。「家に帰りたくない。」なんて言う子は1人もいなかった。
そこにはやっぱり、「愛」の基本、があった、と思うのだけど。

ちなみに、こんな感じのチャイムデス(音量注意!!)
[PR]

by privatecafe | 2011-02-16 15:24 | OTHERS...