9+4=?

a0007078_14405459.jpg「梳る(くしけずる)」という言葉が、日本にはある。髪をとかす行為を表すのだけど、私は、この言葉が好き。「この言葉にぴったりな櫛は、やっぱり黄楊櫛。」って、憧れていた。
数年前、京都に行った時、「十三や」というお店で念願の黄楊櫛を買った。選んだ柄は、梅。使い込むほどに、あめ色になってきて、いい感じ。
ちなみに、「十三や」という屋号は、「十三夜」ではない。櫛、つまり九と四をたすと、十三だからだそうだ。ははは、なかなか、面白い。
[PR]

by privatecafe | 2004-09-25 15:13 | GOODS